SIMフリースマホと格安SIMのおすすめの選び方を紹介します

格安スマホと格安SIMの選び方

ZTE BLADE E01を買ってみた。ROMが8GBでシステムを除いた空き領域が3.73GBしかないのはもはや笑うしかない

更新日:

ZTE BLADE E01

ディスプレイ

スクリーンサイズ 5.0 インチ
画面解像度 720×1280 (HD,IPS)
サイズ 縦142 横71 厚さ7.8 mm
重量 155g

カメラ

背面カメラ画素数 800万画素
前面カメラ画素数 500万画素

ハードウェア

CPU MT6735P クアッドコア 1.0GHz
メモリ 1GB RAM
ストレージ 8GB
外部ストレージ MicroSD 32GB
電池容量 2200mAh
SIMサイズ nano SIM
SIMスロット nano SIM ×2 microSD専用スロット×1

接続性

コネクター Wi-Fi:802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
センサー 加速度センサー
光センサー
電子コンパス
近接センサー
ネットワーク FDD-LTE (4G):B1/3/8/19
UMTS (WCDMA - 3G):B1/6/8/19
GSM:850, 900, 1800, 1900MHz

その他の機能

防水・防塵 -
おサイフケータイ -
ワンセグ/フルセグ -/-
au VoLTE -

ダブルタップで電源オンに非対応

ZTE BLADE E01はスマホの画面をダブルタップして電源オンに対応していません。そのためスリープから電源を入れるには1回1回電源ボタンを押す必要があります。

指紋センサー非搭載

ZTE BLADE E01の対応周波数

  • FDD-LTE (4G):B1/3/8/19
  • UMTS (WCDMA - 3G):B1/6/8/19
  • GSM:850, 900, 1800, 1900MHz

ドコモ系格安で重要なのは「FDD-LTE」のB1/B19と「W-CDMA」のB1/B6です。ZTE BLADE E01はすべてに対応しているので快適に使えます。

FDD-LTEのB3は東京・名古屋・大阪の人に限定して恩恵があります。

au系格安SIMでは「FDD-LTE」のB1/B18またはB26が重要です。しかしB1しか対応していないので使えないとみていいでしょう。

ソフトバンク系格安SIMはほぼありませんが、一応ソフトバンクの対応周波数も揃っているのでソフトバンクで使うこともできます。

ZTE BLADE E01の周波数を見ると使えるキャリアを狙い撃ちしているシムフリースマホです。ハイスペックスマートフォンは日本以外の多くの国でも使えるように対応周波数がZTE BLADE E01の3倍ぐらいあります。

でも周波数は多ければ多いほど良いものではなく、日本のキャリアが使っている周波数に対応していなければ意味がないので、そういった意味ですごく省エネ的なシムフリースマホです。価格が安いのも頷けますね。

AnTuTu benchmark v6.2.7

ZTE BLADE E01はAnTuTu benchmark v6.2.7でスコアが22265です。エントリーモデルなのでこんなものでしょう。

SIMカードスロットはnano SIM×2とmicroSD専用スロット

ZTE BLADE E01のSIMカードサイズは「nano SIM」です。本体の側面にあるSIMカードスロットは2IN1仕様で「nano SIM」と「nano SIM」を入れることができます。

しかし片方は3G専用なので日本国内でデュアルSIMとして使うことはできません。

デュアルSIMを搭載しているスマホの多くは片方のSIMカードスロットがmicroSDスロットとしての役割を果たしていますが、ZTE BLADE E01は本体の裏側のカバーを外すと独立型のmicroSDスロットがあります。

ZTE BLADE E01の裏蓋の開け方

ZTE BLADE E01の裏蓋は開けるのに苦労します。私は最初必死でしたよ。でもあとあとゆっくり見たら左下側面に小さなくぼみがあります。このくぼみが裏蓋を開けるときに爪をひっかける場所だと思います。実際に裏蓋を開けるときに利用したら開けることができました。裏蓋全体にフックみたいなひっかける部分があるのでゆっくり剥がすように取るといいと思います。

ZTE BLADE E01はRAMが1GBでROMが8GB

ZTE BLADE E01はメモリが1GBでストレージが8GBです。ストレージの内訳はシステムROMが4.27GBでシステムを除いた空き領域が3.73GBです。

メモリとかストレージとかよくわからない人に簡潔に説明すると、メモリは複数の作業を同時に行う際の処理速度でストレージは電話帳とかアプリとかを記録させておく場所です。

このメモリが1GBでストレージが8GBと言うのは、正直かなり悪いです。

私はZTE BLADE E01を高齢の父親に持たせています。

入れているアプリは楽天でんわアプリ、楽天モバイルSIMアプリ、LINE、ガソリンが割引になるアプリとGoogle系のアプリです。Google系はGoogle Map、Gmail、YOUTUBE、Google音声入力を除いて削除しています。

たったこれだけのアプリで残りの空き容量は896MBしかありません。

スマホ初心者やガラケーから機種変更の人はZTE BLADE E01を購入してはいけません。

こんな処理速度が遅くて非力な端末を掴まされてはいけません。もし人からZTE BLADE E01を勧められたらカモられていると思ったほうが良いです。

ただし、私の父親のように「アプリは入れない」、「ゲームしない」、「電話だけで十分」、「Google音声入力で調べものはする」だけでしたらスマホの価格がべらぼうに安くて、ドコモの対応周波数に完璧に対応しているのでおすすめになります。

-ZTE

Copyright© 格安スマホと格安SIMの選び方 , 2018 AllRights Reserved.